雑誌 単行本 文庫&新書 細木数子の本 人気シリーズ
担当者オススメ ニュース&イベント WEB紹介 プレゼント サイトマップ
残念な人の口ぐせ

著  者 山崎将志
定価(税8%) \880
( 本体価格 \815 )
判  型 新書並製
刊 行 年 2017.04.08
ISBNコード 978-4-584-12549-6

Amazonで購入

頭は悪くないのに、仕事ができない──。
そんな残念な人には「口ぐせ」があった!
口ぐせには、その人の持つ残念な「モノの見方」や「考え方」、「心の持ちよう」が潜んでいる。したがって口ぐせとは、その人の頭の中そのものだと言っていいだろう。
本書では、そうした口ぐせを

■問題解決ができない
■視野が狭く想像力がない
■決断も実行もできない
■マネジメント能力がイマイチ
■誠実さに欠ける
■協調性、ナシ

の6つのカテゴリーに分けて、「仕事ができる人は、絶対に使わないフレーズ」としてピックアップ、分析した。
まずは、次のような口ぐせがないかをチェックしていただき、ひとつでも当てはまれば、本書は、あなたにとって「脱・残念な人」にひと役買うことができるはずだ。

また、そんな残念な口ぐせを持つ、上司・部下への対応策も満載。これがわかれば業務がスムーズになる、業績が上がる、人間関係がうまく行く。
山崎将志(やまざき まさし)

ビジネスコンサルタント。1971年愛知県岡崎市生まれ。
1994年東京大学経済学部経営学科卒業。同年アクセンチュア入社。
2003年にアクセンチュアを退社し独立。
プロフェッショナル開発の知識工房、事業再生コンサルティングのアジルパートナーズをはじめ、数社の新規ビジネスを開発。
なかでも2011年にイオングループの傘下に入った『カジタク』は業界トップクラスの規模にまで成長した。2010年4月に出版された『残念な人の思考法』(日本経済新聞出版社)が34万部のベストセラーとなり、著書累計発行部数は100万部を超える。
2016年よりNHKラジオ第2『ラジオ仕事学のすすめ』講師を務める。


about us会社案内プライバシーポリシーお問い合わせ求人案内
copyrights