雑誌 単行本 文庫&新書 細木数子の本 人気シリーズ
担当者オススメ ニュース&イベント WEB紹介 プレゼント サイトマップ
野村の哲学ノート「なんとかなるわよ」

著  者 野村克也
定価(税8%) \1,512
( 本体価格 \1,400 )
判  型 四六並製
刊 行 年 2018.03.01
ISBNコード 978-4-584-13852-6

Amazonで購入

「年齢を重ねるほど、自分に対して直言してくれる人がいなくなる。実は私にはひとりいる。いや、いた。それが、妻の沙知代である」

急逝したサッチーとの思い出を含め、野村の哲学を育んだエピソードの数々
野村克也(のむら かつや)

1935年、京都府生まれ。京都府立峰山高校を卒業し、1954年にテスト生として南海ホークス(現・福岡ソフトバンクホークス)に入団。
1965年に戦後初の三冠王になったのをはじめ、MVP5回、首位打者1回、本塁打王9回、打点王7回、ベストナイン19回、ダイヤモンドグラブ賞1回などのタイトルを多数獲得した。
1970年からは選手兼監督となり、その後、ロッテオリオンズ、西武ライオンズに移籍。
1980年に45歳で現役を引退、解説者となる。
1989年に野球殿堂入り。
1990年には、ヤクルトスワローズの監督に就任し、4度のリーグ優勝、3度の日本一に導く。
1999年から3年間、阪神タイガースの監督、2002年から社会人野球のシダックス監督、2006年から東北楽天ゴールデンイーグルスの監督を歴任。
2010年に再び解説者となり、現在、多方面で活躍中。


about us会社案内プライバシーポリシーお問い合わせ求人案内
copyrights