雑誌 単行本 文庫&新書 細木数子の本 人気シリーズ
担当者オススメ ニュース&イベント WEB紹介 プレゼント サイトマップ
学校では教えられない歴史講義 満洲事変

著  者 倉山 満
定価(税8%) \1,400
( 本体価格 \1,296 )
判  型 四六並製
刊 行 年 2018.04.19
ISBNコード 978-4-584-13866-3

Amazonで購入

◆満洲事変を正しく知ることは現代日本の生き残るヒントになる

●満洲事変に「軍部」の「独走」など無い。
石原莞爾とて、お役所仕事を全うしたにすぎない。
●満洲事変に国際法違反は無い。
むしろ生真面目に遵守しすぎ。
●満洲事変にコミンテルンの陰謀は成立しない。
それどころか、当時のソ連は終始一貫して日本におびえきっている。
●満洲には夢もロマンも無い。
王道楽土? しょせんは人口増加問題の解消策である。
●国際連盟脱退に外的要因は無い。
徹頭徹尾、日本の内政問題である。
●満洲事変は人類が不幸になっていく始まりの大事件である。
軽く考えてはならない。
倉山 満(くらやま みつる)

1973年、香川県生まれ。憲政史研究家。
1996年、中央大学文学部史学科国史学専攻卒業後、同大学院博士前期課程を修了。在学中より国士舘大学日本政教研究所非常勤研究員を務め、2015年まで日本国憲法を教える。
2012年、希望日本研究所所長を務める。
著書に、『検証 検察庁の近現代史』(光文社)、『工作員・西郷隆盛 謀略の幕末維新史』(講談社)、『誰も教えてくれない真実の世界史講義 中世編』(PHP研究所)、『噓だらけの日米近現代史』などをはじめとする「噓だらけシリーズ」(扶桑社)、『逆にしたらよくわかる教育勅語 -ほんとうは危険思想なんかじゃなかった』(ハート出版)、『世界の歴史はウソばかり』(ビジネス社)、『大間違いの太平洋戦争』『真・戦争論 世界大戦と危険な半島』『大間違いのアメリカ合衆国』『大間違いの織田信長』(いずれも小社)など多数。現在、ブログ「倉山満の砦」やコンテンツ配信サービス「倉山塾」やインターネット番組「チャンネルくらら」などで積極的に言論活動を行っている。


about us会社案内プライバシーポリシーお問い合わせ求人案内
copyrights