雑誌 単行本 文庫&新書 細木数子の本 人気シリーズ
担当者オススメ ニュース&イベント WEB紹介 プレゼント サイトマップ
ブロックチェーンの描く未来

著  者 森川夢佑斗
定価(税8%) \1,728
( 本体価格 \1,600 )
判  型 四六
刊 行 年 2018.08.10
ISBNコード 978-4-584-13880-9

Amazonで購入

本書では、ブロックチェーン技術とはどういったものなのか?

私たちにとってどういった意味があるのか?どういった未来を作る可能性があるのか? について、改めて解き明かしていきます。

多くの方にブロックチェーンの描く未来を共有していくために必要なのは、専門的な開発者の観点から技術を解説することではなく、生活に根ざした様々な技術の歴史を紐解くことです。

私たちの生活に溶け込んだ様々な「常識」は、過去の人々の生活を変えてきた斬新なアイデアであり、それを実現してきた技術の集大成です。

今まさに、私たちの生活や常識を一新させようとするブロックチェーンの革新性を理解するには、私たちが日頃当たり前に触れている「お金」「記録」「契約」「Web」といった様々な技術の変遷を読み解き、その本質と課題を見定める必要があります。

本書は、6章立てで、ブロックチェーンの本質が何か、現在の課題と発展、そして活用について説明していきます。

1章から3章では、それぞれ「お金」「記録」「契約」と人類の歴史を、その変遷からブロックチェーン技術が何をもたらすのかを読み解いていきます。

4章では、ここ数十年で私たちの生活を最も大きく変えたWeb の世界が、ブロックチェーンによって、今後どのように進化するのか。今のWeb やインターネットのあり方とどのように違っていくのかを説明します。

5章では、ブロックチェーンを実用化していくにあたって、現在見えている課題について触れ、模索されている解決策を説明していきます。

最後の6章では、世界各国でのブロックチェーンの活用事例について説明します。

様々なプロジェクトが想定している課題とソリューションの方法を知ることで、今後起こりうるビジネスを予測することができるでしょう。
森川夢佑斗(もりかわ むうと)
1993年生まれ、大阪府出身。京都大学法学部在学中に、
アルタアップス株式会社を創業。同社、代表取締役CEO。
暗号通貨を一括管理できるウォレットアプリ「Alta Wallet」の
提供を行うほか、ブロックチェーンを実用化していくにあたって
コンサル業務を行う。国内におけるコミュニティ活動にも積極的で
「ブロックチェーンビジネス研究会」を発足し、毎月50名以上が
参加するミートアップの開催およびブロックチェーンの
専門メディアの運営を行っている。
在日中国人向けの『日中商報』でのコラム連載や
各種テックメディアに寄稿も行っている。
著書に『一冊でまるわかり暗号通貨2016~2017』(幻冬舎)など。


about us会社案内プライバシーポリシーお問い合わせ求人案内
copyrights