雑誌 単行本 文庫&新書 細木数子の本 人気シリーズ
担当者オススメ ニュース&イベント WEB紹介 プレゼント サイトマップ
アドラー心理学 実践入門〜「生」「老」「病」「死」との向き合い方〜

著  者 岸見一郎
定価(税8%) \648
( 本体価格 \600 )
判  型 文庫
刊 行 年 2014.05.20
ISBNコード 978-4-584-39348-2

Amazonで購入

「自分を好きになれない」
「人の目が気になる」
「他人とうまく付き合えない」
「病気や死が怖い」
…その悩み、アドラー心理学を実践すると、
劇的に心が軽くなります。




フロイト、ユングと並び「心理学の三大巨頭」と称される、
オーストリアの精神科医アルフレッド・アドラー。
どんな困難に直面しても、アドラー心理学は幸福になるための
ヒントを教えてくれます。誰も避けることができない「老いること」
「病気になること」「死ぬこと」に対しても同様です。
これらは決して人生の最後に私たちを待ち構えているのではなく、
常に生の直下にあります。 アドラーの教えを深く理解し、実践するための1冊。


※本書は、『アドラー心理学 シンプルな幸福論』(2010年刊)を改題し、
加筆修正のうえ、文庫化したものです。
岸見一郎(きしみ いちろう)

1956年、京都生まれ。
京都大学大学院文学研究科博士課程満期退学(西洋哲学史専攻)。専門の哲学に並行してアドラー心理学の研究をしている。
奈良女子大学文学部非常勤講師(ギリシア語)、前田医院勤務などを経て、現在、京都聖カタリナ高校看護専攻科(心理学)、明治東洋医学院専門学校(教育心理学、臨床心理学)非常勤講師。日本アドラー心理学会認定カウンセラー、日本アドラー心理学会顧問。
著書に『嫌われる勇気』(共著、ダイヤモンド社)、『アドラー心理学入門』(KKベストセラーズ)、『不幸の心理 幸福の哲学』(唯学書房)、『アドラー 人生を生き抜く心理学』(NHK出版)、『困った時のアドラー心理学』(中央公論新社)、訳書にアドラーの『個人心理学講義』『人生の意味の心理学』(以上、アルテ)など多数ある。


about us会社案内プライバシーポリシーお問い合わせ求人案内
copyrights