雑誌 単行本 文庫&新書 細木数子の本 人気シリーズ
担当者オススメ ニュース&イベント WEB紹介 プレゼント サイトマップ
【決定版】白熱講義!憲法改正

著  者 小林 節
定価(税8%) \718
( 本体価格 \665 )
判  型 文庫
刊 行 年 2017.03.18
ISBNコード 978-4-584-39396-3

Amazonで購入

“憲法改正”が現実味を帯びてきた。「国民投票法」が平成19年に制定され、22年に施行された。そして平成24年に、自民党が2度目の「日本国憲法改正草案」を発表した。さらに、竹島や尖閣諸島をはじめとする「領土問題」が緊迫化し、国民の国防に対する意識が変化してきている。「現憲法で、日本の領土を守れるのか?」と、各メディアで論議されている。このような状況下で、第2次安倍が誕生し(平成24年末)、平成28年夏の参院選で、いわゆる「改憲勢力」が2/3を超えた。立憲主義。国防軍、天皇制、首相公選制、愛国心等、国民生活に直結する憲法改正の諸問題を気鋭の憲法学者が語り尽くす。
小林 節(こばやし せつ)

慶応義塾大学名誉教授、弁護士。法学博士、名誉博士(モンゴル、オトゥゴンテンゲル大学)。1949年東京都生まれ。1977年慶大大学院法学研究科博士課程終了。ハーバード大学ロー・スクール客員研究員等を経て、1989-2014年慶大教授。その間、北京大学招聘教授、ハーバード大学ケネディ・スクール・オヴ・ガヴァメント研究員等を兼務。2014年慶大名誉教授。
著書『「憲法」改正と改悪』(時事通信社)、『白熱講義!日本国憲法改正』『白熱論議!集団的自衛権』『憲法改正の覚悟はあるか』(小社)ほか多数。


about us会社案内プライバシーポリシーお問い合わせ求人案内
copyrights